Articles

卒業後、海外で働くという選択肢。英語だけでは足りない。

work-abroad

海外にも目を向けてみる

海外で働く、という選択肢は、できるかどうかは別にすれば、「誰にでも持つことのできる選択肢」です。留学をしていたり、海外に住んだことのある方にとっては、この様な選択肢は自然と生まれてくるのかもしれません。

また、もし「海外で働くことなんて考えたこともなかった」、「海外で働くなんて、ある一握りの人たちだけの夢」そう思っている方がいるのであれば、ぜひ海外にも目を向けてみてください。もっと自分の選択肢を広げてみてください。活躍の場は何も日本だけに限ったことではないはずです。

 

世界中には英語を話せる人はいくらでも存在する

日系の企業であれば、必ずしも英語が堪能でなくても勤められることもあるかもしれません。しかし、海外で働くことを考えた時に、まっさきに頭に浮かぶのは言葉の問題です。既に海外で働くという目標を持っている方は、日々英語をマスターするため、並々ならぬ努力を重ねていることでしょう。

みなさんもご存じのとおり、英語は世界の共通語と言われています。そのため英語が使えるということは、大きなアドバンテージとなってくることは言うまでもありませんね。でもこれは、別の角度から見れば「世界中には英語を話せる人はいくらでも存在する」ということにもなります。

 

海外で活躍するための「強み」

もし海外で就職をしたい、仕事をしたい、と考えているのであれば、英語というスキル以外にも、自分が得意とすること、自分だからこそできること、をよりはっきりとさせることが望ましいかもしれません。

日本では何ともないことでも、海外に出たら大注目されることも良くあります。「自分にはこんなことができるんじゃないか」、とユニークなスキルでも、ぜひご自分の持っているスキルを、今一度見つめ直し、明確にしてみてください。

きっと「英語を使って○○できる」という、「英語+○○」というスタイルが、海外で活躍するための「強み」になってくるのではないでしょうか。ただ、その○○のアピールをするのは英語で、ということになるでしょうから、やはり英語は切っても切れない存在ですね。

また逆に「英語はできないけれど、他のスキルならある」という方。既に○○の部分を持っているのであれば、あとは英語をマスターするだけです。英語をプラスのスキルとして身に付ければ、海外で働くという選択肢がぐっと現実的なものに近づくのではなでしょうか。

 

可能性を広げてくれる言語

英語は単に、世界とのコミュニケーション手段であるだけでなく、思ってもいなかったようなチャンスを掴む、可能性を広げてくれる言語です。英語ができるということが、皆さんの未来を変えることにも繋がるかもしれません。

そのために、まずは活躍の舞台を日本以外でも考えてみる。無理だと考える前に、やってみる。あらゆる可能性を信じて、日々努力を重ねていってみて下さい。もしかすると、皆さんが日本から飛び出して世界で活躍する。そんな日も、そう遠くはないかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る