Articles

2つの記事でリーディング、英語を英語で理解する

読書の秋

スラスラと英語を理解できる様になる。わざわざ英語を日本語に訳さずにも、英語をそのまま理解できる様になる。そんな理想の英語力をぜひ付けたいですよね。

ただ初めから日本語を使わずに理解するのは、誰でも難しいと感じるはずです。では「一つだけある段階を挟む方法」で、その理想に一歩近づいてみませんか。その方法とはとてもシンプルです。まず、自分の興味のあることについて書かれた、英語の記事を見つけましょう。どんな記事でも構いません。ただ、読むことが苦痛になるような長さのあるものだと、勉強を継続しなくなる可能性もあるので、ある程度気軽に読める長さのものを選ぶのがポイントです。

 

「2枚」印刷する

そして記事が決まったら、その記事を「2枚」印刷します。この「2枚用意する」というのが、この勉強方法の特徴です。さて、この2枚をどう使っていくのかですが、まず1枚目は「何でも書き込みしてOK」の紙とします。自分がその英語の記事を理解できる様にするためのことであれば、メモを書いたり、日本語の訳を書いたり、自由に書き込みをして使っていきます。

 

書き込む

基本ですが、英語は単語一つ一つの意味がわからなければ、文章を理解することができないので、最低限わからない単語には日本語訳をふるなどして、しっかりと覚えていきましょう。またそれでも覚えにくい単語には、マーカーで色を付けて覚えていくのもいいでしょう。

もし英語を「イメージ」で理解した方がわかり易い、という方は、それをイメージできる絵を描いてもいいかもしれません。1枚目は自分で選んだ英語の記事を、自分なりに、完璧に理解できる様にするためのものとして使っていきます。

 

本当に英語が理解できているか

でもあともう1枚、同じ紙が残っています。さてこの2枚目はどう使うのか、ですがこちらは何も書き込みをせずに、「オリジナルの記事」の状態でとっておきます。既に1枚目の紙で、日本語やイメージを使って英語の記事を理解できているはずなので、この2枚目のオリジナル記事は、本当に英語が理解できているかどうか、を確認するために使っていきます。

 

英語を英語だけで理解できるまで

もし、2枚目を使って記事の内容がまだあやふやだ、ということであれば、もう一度1枚目に戻って内容を確認しましょう。このように2枚を上手に使って、英語を英語だけで理解できるまで、何度も1枚目を見返して訓練していきます。ぜひこの方法で、いくつもの英語記事にチャレンジしてみてください。

段々と1枚目への書き込みが少なくなっていき、日本語やイメージを書き込む、という段階を挟まなくてもいいようになってくるはずです。必要なステップは取り入れて、慣れてきたらそれを取り除いていく。いずれは英語だけで英語を理解する、その理想を実現させていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る