Articles

英検を受験する意義と気になるTOEICとの関係

catch-image-2-04

英検を受験する意義

以前から、中高生の間で絶大な支持を得ているのが「実用技能検定」、つまり「英検」です。もしかして皆さんの中にもその受験を考えている、もしくはそれに向けてもう勉強している人もいるかもしれません。

しかし大学生や社会人の間では、「TOEIC」というものに押されて、英検の受験者数というのは少しずつ減ってきているだそうです。少しここでは英検を受験する意義、TOEICとの気になる関係に関して一緒に考えましょう。

英検人気が下がっている理由

よく大学生や社会人の方から以下のような意見を聞くことがあります。

・「就職で有利なのは結局、TOEICのほうだ」

・「たいていの企業では、TOEICスコアが昇進のための基準として採用されている」

つまり昇進とか就職というものを考えると、どうしてもTOEICを受験しようとする人が多くなっているわけです。もちろんこの状況も理解できますが、英検が「役に立たない」という事にはなりません。

ではなぜ英検を受験するのか

英検ですが、「英語力を計る物差し」として、また自分の英語学習の「目標」として受験することに意義があります。

実際にTOEICの英語には少し偏りがありますから、例え700点から800点を持っていても英検準1級に合格できない人もいますし、900点を持っていても英検の1級に受かるのは10人に1人くらいだと言われています。

またTOEICを受けるのにまだ十分な英語力が無い、目標としているスコアを取れないという初心者にとってもこの英検というのはとても役に立ちます。

例えば英検2級程度であれば、リスニングのスピードもTOEIC3とか4ほどには早くないですし、読解問題の英文量もTOEICのそれと比べたらかなり少ないのです。そのようにして確実に実力をつけていくことができるでしょう。

英検はTOEICのスコアアップにも役立つ

こうした理由から、TOEIC300点から400点の人というのは、500点以上のスコアを取るためにまずは英検2級というものを目指すことができます。そのようにして、まずは2級レベルの基礎的な英語力を身に着けてから本格的なTOEIC対策をすると、スコアが伸びやすいのです。

もしTOEIC600点から700点台で伸び悩んでいる場合はどうでしょうか。この時には英検準1級の勉強をしてみましょう。これはなぜでしょうか?なぜなら英検準1級で求められる語彙のほうが、TOEICのそれよりも抽象度が高く、長文も難解だからです。

つまりまずはその勉強をして、それからTOEICを受験するとビジネス文章がより簡単に感じられるようになります。TOEIC700点突破を目指している人は参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る