Articles

自分で探さない、本物英語の勉強教材

iphone

時間があると、ついつい手に取って見てしまうスマホ。FacebookやInstagram、Pinterestなど、SNSへの新しい投稿がついつい気になってしまう。思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。

意外とこれに時間を費やしてしまい、目の前のやるべきことを効率良く進められない、という困った要因にもなりつつあるようです。せっかく時間を費やすのであれば、それを「英語の勉強の時間」にもできたらいいですよね。今はほとんどの方が、何かしらのSNSを利用しているのではないでしょうか。友達や自分の好きな有名人と繋がるための便利なSNSですが、もう一つ「いいね」や「follow」するページを増やしてみませんか。SNSを覗く度に、新しい英語を身につけることができれば、ついついスマホを手に取って無駄になりがちな時間も、より有効的な時間に変化するはずです。

 

SNSで英語を勉強をする

SNSは、日本だけでなく海外からの投稿も見ることができます。そして「英語圏の国から発信されているページ」こそが、とても良い英語材料となります。車のメーカーや洋服のブランド、好きなお菓子のメーカー、歌手やモデルなどアーティストでも、自分が「好きな、興味のある分野」であれば、どんなページでも構いません。

自分のお気に入りの情報を発信しているページを見つけてみてください。あとは、いいねやfollowをすれば、毎日、多いページでは数時間ごとに、自動的に自分の元へ「生きた英語」が発信されてきます。

 

常に新しい英語教材が届く

本屋に足を運んだり、ネットで検索をしなくても、常に新しい英語教材が自分の元に届くようになります。趣味的な情報を楽しみながら得られる一方で、タイムリーにそして新鮮さを持った情報を、英語学習に取り組むことができるようになります。

また、SNSの英語学習におススメなのが「Quotes」です。

「Quote」には引用という意味がありますが、例えば有名な人の言葉や名言、などのことを言います。英語圏から発信されている投稿には、必ずといっていい程Quotesを発信しているページがあります。

人生や恋愛をテーマにしたQuotesから、冗談を取り入れた面白いものまで、色んな英語で溢れています。なぜQuotesがオススメかというと、そもそもためになる名言が多い、ということは言うまでもありませんが、Quotesはほとんどの場合「短い文章」である、という点です。手軽にささっと、しかもためになる、深い意味のある英語が勉強できます。

 

英語でコミュニケーションを図る

そして、「世界中の人たちとコミュニケーションを図ることができる」ということもまた、SNSを英語の教材化するポイントです。投稿のコメント欄を使って、同じ投稿を見ている人たちと、英語でコミュニケーションを図ってみてはどうでしょうか。

投稿に対して共感している点や意見を書き込んだり、とコメント欄もまた、生きた英語を学ぶことができる教材となります。自分が思ったことや感じたことを、自由に英語で表現をする場としてはとても適しているのではないでしょうか。

時々、投稿の意味そのものが理解できない、などと他の閲覧者に説明を求めているコメントを見ることさえありますから、わからない英語があれば、聞いてしまう。そんな使い方もできますね。同じ趣味を持った人たちと、良いコミュニケーションが取れれば、世界中に友達を増やすことにも繋がるかもしれません。

今はとても便利な世の中です。その便利さをぜひ英語の勉強にも活かしてみてださい。「いいね」ボタンを押す、followをする、たったワンクリック/タップで、いつものSNSの閲覧が本物の英語を勉強する機会へと変化していきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る