Articles

ビジネス英語で難しいSmall talkを成功させる秘訣

catch-image-0928-02

雑談英語!?

ビジネスで使う会話表現で非常に難しいのが、「雑談」であると言われています。

これは少し意外でしょうか?

仕事で使われる英語というのは、目的と状況がとてもクリアなので、定型文などを覚えてしまえば何とかなるものです。

しかし「Small talk」と呼ばれる雑談では、ベテランの社員でもなかなか苦戦することがあります。

どうしたらこの雑談力を挙げていくことができるのでしょうか。

雑談は準備をしっかりと行おう

なんで雑談に準備?と思うかもしれません。

しかし欧米ではこうした雑談に、多くのビジネスパーソンがしっかりとした事前準備を行っています。

これは営業の鉄則であるとも言われているのです。

コツ1:相手の情報を入手する

事前に相手の情報、例えば趣味や家族構成、関心のある趣味など)に関して情報しましょう。

知り合いの人に聞いてみるのもいいですし、有名な人であればWikipediaなどにもこうした情報を載せられているのです。

こうやって話を始めることができます

What do you do when you you have a free time?

(時間のあるときには、何をしているのですか?)

How many children do you have? If I may ask.

(お子さんは何人いらっしゃるのですか?差し支えなければ。)

I heard that you are a financial expert.

(金融のエキスパートとお伺いしたのですが。)

コツ2:定番の話題を用意しよう

当たり障りのない共通の話題を提供します。(例えば映画・スポーツ・天気など)

ココでのポイントは相手が必ず同意してくれる会話です。

このように聞くことができます。

What team are you on?

(どのチームのファンですか?)

Have you ever seen Japanese movie?

(日本の映画はご覧になったことがありますか?)

How do you like the climate here in Japan?

(日本の天気はいかがですか?)

It’s very humid, isn’t it?

(とても蒸し暑いですね?)

コツ3:質問内容を準備する

事前に相手先の情報を手に入れることができたなら、それに基づいて質問を考えておきましょう。

その時に便利なのが「“If I may ask.” (差し支えなければ。)」という表現です。

相手によってはその質問の内容がス押しプライベートに入りすぎていると感じるケースがあります。

ですからこの表現を使えば、常に相手の心情を察することができます。

ここまで考えてきたようにビジネス英語のSmall talk、つまり雑談を成功させるには準備が必要です。

毎日職場で何を話すのか、どんなジョークを言うのかということをぜひとも前もって考えてみることにしましょう。

そうすると、皆さんのビジネス上の英語力というものも総合的にアップするのです

参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る