Articles

これって英語でなんて言うの?疑問に思うことで英語力をアップ

eye-catch-images08

疑問に思うこと

英語は覚えれば覚える程、語彙力アップに繋がります。数回繰り返すだけで覚えられる人や、何度も何度も読み書きしてもなかなか覚えられない人など、記憶力というのは人それぞれです。

でも、「これは英語で何て言うの?」と疑問に思うこと、そしてそれを「すぐに調べる」、この簡単な2ステップを癖つけることで、一気に英語力アップに繋がるかもしれません。

 

これは英語で何て言うんだろ?

テキストや本で紹介さている英語をそのまま覚えるのと、自分が意識して調べた英語を覚えるのとでは、その吸収力には差が現れるのではないでしょうか。「どれだけその英語に意識を向けているか」、の差です。

何かしらの英語教材を使う勉強は、その教材の流れに沿って、書かれているとおりに学んでいく。これは英語で何て言うんだろ?と疑問に思わなくても、既にそこには英語が用意されています。

ある意味教材は、親切な勉強ツールですよね。でも、もっと効率よく英語を吸収したい!と思うのであれば、「常に英語を意識すること」ことから始めましょう。

普段の生活の中で目に入ってくるもの、何気なく自分が発した一言、誰かが問いかけてきた質問、などを「これって英語で何て言うんだろ?」とシンプルに疑問に思うことで、もう勉強は始まっています。

意識して自分の頭を使っている分だけ、教材に書かれた「与えられた英語」よりも、もっと記憶に残りやすくなりますよね。

 

すぐに調べること

そして疑問に思ったら、「すぐに調べること」というのがポイントです。そのままにしておいたり、後回しにしてしまったりすると、ついつい忘れてしまいがちです。せっかく語彙力をアップさせるチャンスがあるのに、それを逃してしまうかもしれません。

疑問に思ったその時が、一番意識が高まっていて、その吸収力も違います。また、スマホを使えばどこにいても手軽に辞書が引くことができます。

お気に入りの辞書アプリ見つけて、調べたいときにすぐ使えるように、ダウンロードしておくといいでしょう。またスマホでは「メモ」をとることもできます。

その場で調べる時間がなかったら、メモとして残しておくこともできます。また余裕があれば、調べた英語を使って、オリジナルの文章を作成してみるのもいいかもしれません。

スマホでなくても、小さなメモ帳を持ち歩いたり、手帳の中の空いているページを利用したり、語彙力アップのためのちょっとした工夫をしてみてください。

 

英語の吸収力をアップ

「疑問に思う→すぐ調べる」。このとても簡単な2ステップを自分の勉強癖にして、英語の吸収力をアップさせていきましょう。何ごとも、「もっと知りたい」という好奇心と「もっともっとステップアップしたい」という意欲を持ち続けることが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る