Articles

憧れセレブ気分で英語の発音向上?!モノマネして英語上達

act-english

「周波数」の大きな違い

日本人の多くが苦手とする英語の発音。日本語には存在しない音がたくさんあり、日本人の舌にはとても難しいですよね。じつは日本語と英語は、「周波数」に大きな違いがあるため、日本人には聞きにくく、発音がしにくいと言われています。さて、そんな難しいことはさておき、私たち日本人にも簡単にしかも楽しみながら練習ができる、とっておきの方法をご紹介します。

皆さんが好きな、憧れているハリウッドセレブは誰ですか?英語がネイティブの方であれば、ファッションモデルやスポーツ選手でも構いません。1人くらいは思い浮かぶのではないのでしょうか。そしてその憧れのセレブの出演している「映像」を探してみてください。

映画のDVD、YouTubeのインタビューなど、今はインターネット上でいくらでも検索できるはずです。その中で自分の一番目を惹く「映像」を選んでみましょう。そこでまずは大好きなハリウッドセレブの話す英語をじっくりと、繰り返し聴いてみましょう。これは言うまでもなくリスニングの練習ですね。

「音」をそのまま真似て発音する

では、これで発音の練習をどうするのか?ですが、それは「モノマネ」です!

その憧れのセレブになりきって「モノマネ」をするんです。英語に限らず、言語の習得は全て、聴こえてくる音のマネをする「モノマネ」です。あえて人に披露するモノマネではありませんから、本当に似ている必要はないですし、恥ずかしがる必要もありません。

1人の時に、誰にも聞かれずにモノマネすればいいのです。ただ単純に聴こえてくる英語を、聴こえてくるまま、セレブになりきった気分でモノマネしてみてください。憧れのセレブであれば、話し方の特徴もつかみやすく、何度見ていても飽きないはずです。

また日本の中の情報では知り得なかった、セレブについての新しい発見もあるかもしれません。発音のポイントは、単語のスペルを思い浮かべながら発音するのではなくて、あくまで聞こえてくる「音」をそのまま発音してみてください。日本語にない音は、もちろん文字では考えられないのです。

大切なのは、繰り返し、繰り返し、何度も何度も聞いて、発音することです。実際に私は、Britney Spearsの声のマネもしながら、自分なりに楽しくモノマネ練習をしていたこともあります。

ジェスチャーから学ぶ

また、なぜ「音声」ではなく、「映像」なのか。それは映像では「ボディーランゲージやジェスチャーも見る事ができる」からです。じつはボディーランゲージやジェスチャーという動きは、英語ととても密接な関係にあると言われており、言葉以上に相手に伝えるメッセージ力が大きいこともあります。

どんな表現の時に、どんなジェスチャーを使うのか、そんな勉強もできるのが「映像」なんです。伝わらないかも、と不安に思う英語であればなおさら、ジェスチャーの力を借りてコミュニケーションを図るのもいいかもしれませんね。

テレビや映画に出演するセレブや、世界を舞台とするスポーツ選手たちはみんな、「自信」を持っています。いわゆる「スター」です。その自信は話し方や身振り手振りも現れていますよね。日本人はもっと自信を持った方がいいと外国の方から言われることもありますから、ぜひセレブになりきった気分で「自信」までもモノマネして、英語上達に役立ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る