Articles

子供だけじゃない、大人も使える絵本教材

絵本

英語の学習に役立つテキストや参考書。多くの種類の中から自分のお気に入りを探して、みなさんも勉強に役立てていらっしゃると思います。そのお気に入りの選択肢として、「英語の絵本」に注目したことはありますか。

ほとんどの方は、絵本は子供が読むもの、という概念をお持ちだと思いますし、わざわざ教材として絵本を選ぶ、という方は少ないのではないでしょうか。でも意外にも、大人が英語の絵本を教材として使うメリットがたくさんあるんです。

絵本は英語の理解力を深める

絵本は、その名の通り「絵」が付いているので、どうしても幼稚なイメージがあるかもしれません。でもこの「絵」こそが、英語の理解力を深める手助けをしてくれます。もともと子供向けに書かれた文章なので、理解をするのに高度な英語力は必要ありません。

とはいえ、子供の年齢に合わせて幅広いレベルの絵本があるので、自分に合わせて苦にならない程度のボリュームを選ぶことができます。実際に一つ英語の絵本を手に取って読んでみて下さい。

子供向けと言っても、中には知らない単語が使われていたり、知っているけれどもどんなシーンで使う単語なのか、いまいち理解できていない、という単語に遭遇することもあります。

特に英語の勉強を始めたばかりの方には、そういう単語が多いのではないのでしょうか。でも、まずは辞書を使わずに、一通りストーリーを読んでみましょう。

 

わからない英語は推測する

絵がついているので、想像力を働かせながら、わからない単語の意味も推測しながら読み進めてみます。

頭を使う、いいトレーニングにもなります。そして、その推測が合っているかどうかを、実際に読んだ後に辞書を引いて確かめます。

そして、内容が理解できたら、次はスピーキングの練習です。絵本は、「ストーリー」なので、たとえ一人でいたとしても、人に聞かせる意識で、英語を声に出して読み進めてみます。

 

抑揚を付けて英語を読む

シーンごとにシチュエーションが異なるので、それを伝えるために、抑揚を付けて英語を読んでみます。文章の中の、どの単語を強調すればいいのか、またどの場面で、どんなスピードで読めばいいのか、など、単純な文章でさえ、意識する部分がたくさん出てきます。

こうすることで、棒読みの英語から脱出でき、英語らしいイントネーションを身に着ける練習に繋がります。また、特に英語には欠かせない「表現力」にも磨きがかかります。

ただ、このリーディングの練習をするためには、まずはストーリーの内容を理解していることが大前提です。そのため、まずは先ほどの「内容を理解するリーディングのステップ」を踏んでから、スピーキングの練習に進むことが大切になってきます。

 

十分活用のできる英語教材

簡単な英語の絵本ですが、こうしたステップで英語の練習する機会を与えてくれる、大人にも十分活用のできる英語教材となります。頭を使いながら、英文への理解力を深める。ストーリーを意識して声に出して読むことで、より英語らしい表現力豊かな英語を口にすることができる。

英語をやり直したい、これからまた始めたい、という方には持ってこいの教材です。ぜひ、本屋に行く時には、今まで立ち寄ることのなかった英語の絵本コーナーにも足を運んでみて下さいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る