Articles

英語初心者におすすめ、オーバーラッピングとは

ラッピング

英語のスピードに慣れるための訓練として、シャドーイングというトレーニングが有名です。シャドーイングは、聞こえてくる英語に続き、追いかける様にして同じ英語を発話する、という練習です。

実際にやったことがある方の中では、英語を聴きながら同時にリピートするため、自分の声と聞こえてくる英語が交じり合って混乱してしまう、などという不快感を感じたことがある方も少なくないはずです。

難しいと感じてしまう

もちろん英語のトレーニングとしては非常に良いトレーニングではありますが、少し難しい練習かもしれません。せっかくいい練習なのに、難しいと感じてしまうことで、自然とその練習を避けるようになってしまうことも、よくあることです。

 

オーバーラッピング

そこで、シャドーイングの前段階の練習として、「オーバーラッピング」という方法を取り入れることをおススメします。「オーバーラッピング」も、シャドーイングに似たトレーニングなのですが、異なる点は「英語のスクリプトを見ながら、聞こえてくる英語と同時に発話する」というところ。

 

英語のスクリプトを見ながら

シャドーイングは、リスニングとスピーキングの両方を同時に行うので、頭は常にフル回転です。聴き取るスキルがまだ十分でない段階では、これがストレスに感じてしまうかもしれません。でも、聞こえてくる英語をリピートするために、英語を完璧に聴き取れなければ、そもそもシャドーイングの練習はできませんよね。

 

スピーキングだけにフォーカス

それをできるようにするためにも、まずは英語のスクリプトを見ながら、オーバーラッピングの練習を取り入れてみましょう。文字を見ることができる分、スピーキングだけにフォーカスできるようになります。オーバーラッピングもまた、英語のリズムとスピードに慣れる良い練習です。

ナチュラルな英語のスピードに合わせて、リズム良く発話できる様になるまで、何度も練習を重ねていきます。英語のリズムやスピードは、本を読むことでは身に付きません。実践を重ねることで身に付いていきます。

また、英語のリズムやスピードというのは、私たち日本人が元から持っているものではないので、このような訓練を通して自分の中に落とし込んでいくことが必要になります。

オーバーラッピングも、慣れるまでは難しい練習かもしれません。でも何事も練習していけば、必ず慣れることができます。いきなりシャドーイングから入るよりも、オーバーラッピングをマスターしてから、シャドーイングへと進む方が、よりスムーズにレベルアップができるはずです。

 

自分のレベルにあった勉強法

重要なのは、自分のレベルにあった勉強法を選ぶこと。英語の勉強は継続が大切です。無理をして練習をしなくなってしまう状況は、なんとか避けたいところです。無理を感じることがあれば、迷わず練習レベルを自分のやり易いように調整しましょう。

そして徐々に難易度を上げながら、レベルアップを図っていけば、ゆっくりでもしっかりと英語力は身に付いていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る