Articles

脱・学生時代の勉強法

鉛筆とノート

みなさんはいつ頃から英語の勉強を始めましたか。おそらく学生時代から、と答える方が多いのではないでしょうか。でも、学生時代の英語の勉強が、今になって役に立っていると、心からそう感じている方はどれ程いるでしょうか。

6年間という時間のボリューム

もちろん自分で努力をされて、その結果が今になって活きている、という方もいらっしゃるでしょう。でも、純粋に学校で習った英語や勉強の仕方が良かったな、と振り返られる方は少ないかもしれません。中学から高校の間だけだとしても、合計6年間も英語を勉強していることになります。6年間という時間のボリュームだけを考えると、日常英会話が問題なくできるくらいのスピーキング力や、英語でメールのやり取りが簡単にできるライティング力が備わっていてもいいような、十分な時間に思えます。

 

学校の英語学習だけでは不十分

日本の学校教育を否定するわけではありませんが、学校の英語学習だけでは不十分だと感じている方が、実際に非常に多く存在するという事は否めません。学生時代は、とにかく暗記する、文法を勉強するなど、勉強の傾向が「テストや受験のための英語」ではありませんでしたか。実際にテストや受験をクリアすることができたのであれば、ある意味日本の英語教育は目標達成した、とも言えるのかもしれません。でも、私たちが本当に学びたいのは「使える英語」です。社会人になると、英語を仕事で使う人も出てきます。また仕事以外でも、海外旅行に行ったり、時代の変化に伴って周囲に海外からの人が増えたりと、実践的に英語を使う場面が増えてきます。そう考えると、学生時代の勉強法とは異なる方法を取り入れる必要性が見えてきますよね。そして、学生時代の勉強を振り返ることで、使える英語を身に付けるために、何を改善するべきか、という点も見えてきます。

 

「使うこと」への意識を持つ

そもそも丸暗記をする勉強方法は、楽しいですか?また実践的でしょうか。「覚えること」が目的になり、「使うこと」への意識が非常に薄いのではないでしょうか。語彙力をアップさせることはとても良いことです。でも、その使い方や場面も合わせて学ばなければ、実践で使えないのは当然です。単語一つを覚えるにしても、もう一歩踏み込んで勉強に取り組んでみましょう。そのためには、「場面設定」をした勉強することがとても有効です。どんな場面で、自分がどんな立場で、どんな状況に立たされた時、どうやってその英語を使うのか。「英語を使うシチュエーションそのもの」も一緒に、身に付けるような意識で勉強をしてみてください。

 

自分に向いている勉強法

また学生時代に比べて、ある程度自由を手に入れた社会人であれば、その勉強の仕方も自由に設計することができます。週に数時間だけの学校の授業は、十分でしたか。自分の生活のリズムを把握し、無理のないスケジュールで英語に費やす時間を有効に、そして自由に設定してみてください。また、勉強ツールの幅も学生時代よりも更に広がっているはずです。スマホやタブレットなどを活用する、または英会話スクールに通ってみる、など「自分に向いているツール」を見極めましょう。学校教育の枠の中で仕方なくやらされている勉強、ではなく、「自らがやる気になれる自分らしい勉強」の仕方を確立することも、使える英語を手に入れるための大事な方法の一つです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る