Articles

ついつい日本人がやってしまいがちな英語の間違い「Me, too.」

english

間違えから英語を学ぶ

日本語と英語は、文法も違えば、発音も違う。似ている単語もなかなか存在しませんので、共通点がとても少ない言語ですよね。そんな英語には、「ついつい日本人がやりがちな間違い」がたくさんあります。「間違えから学ぶ」ということも、英語を勉強する一つの方法ではないでしょうか。

 

Me, too.

日本人が好んで使う英語の一つです。短くて、とても便利な英語です。これを使えば、難しい文章を使わなくても簡単に返事ができるので、ついつい「Me, too.」で済ましてしまう。そんなことありませんか。

英会話の入門編で必ず出てくるのが、初対面の人と会った際の挨拶。まずお互いの自己紹介をして、「お会いできて光栄です」という決まり文句の英語が登場します。一般的に教えられるのは「Nice to meet you.」。

ほとんどの方がご存じですよね。でもこれ、自分が言うよりも先に、相手に言われてしまった時、どんな英語を使って応えますか。ついつい、「Me, too.」と応えてはいませんか?

実はこれが、日本人がやってしまいがちな間違いです。「私も光栄です、と言いたいんだから、Me, too.じゃないの?」と思ってしまいますよね。でも、この場合は「YOU, too.」が正解になります。

You, too.

「you, too.」に隠れている文章を見ることで、その理由がわかります。その文章がこちら。「It’s nice to meet you, too.(私も、お会いできて光栄です。)」もうお分かりですよね。「you, too.」は、この文章を最後の下線部分に省略した形だからです。

もちろん省略せずに言っても間違いではありませんが、you, too.だけでも十分となります。ちなみに、よく外国人が使う「I love you.」に対しても同じです。

「私も」という気持ちを伝えたいのであれば、me, too.ではなく、「you, too.」と応えてくださいね。

シンプルなのに、少しややこしい「Me, too.」と「You, too.」。でも「It’s nice to meet you.」と「I love you.」が、どちらも「自分に向けて」使われている英語、ということに注目してみてください。自分も同じように「相手、つまりYOUに向けて」返事を返すと考えれば、「YOU, too.」が正しい、ということが分かりやすいのではないでしょうか。

 

I agree. または Same here.

「Me, too.」はたしかに簡単で便利な英語です。でも、同じように「私も」というニュアンスを持った英語は他にもたくさんあります。例えば、「I agree.」や「Same here.」など。また、少し難しくなりますがネイティブの方は、「So do I.」や「So am I.」という英語をよく使います。

日本人は、ついつい「Me, too.」ばかりを使いすぎてしまう傾向にありますが、もっと別の言い方も覚えてみてください。そして、場面によって英語を使い分けてみる。そうすることで、より自然な英語に近づいていきます。

でも「Me, too.みたいに間違った使い方をしてしまうかも」と思った方、「間違えることは勉強」です。間違えてこそ、正しい答えを覚えます。恥ずかしがらずにどんどん間違えて、使える英語のバリエーションを増やしていってくださいね。

 

Q&A

Q. “I didn’t sleep enough last night.“に対しては、Me, neither. と答えるべきですか?

A. もし、自分も眠れていなかったのであれば、Me, neitherで間違っていないです。

ただ、ネイティブの場合はおそらくme, neitherよりもNeither did II didn’ sleep enough, either.と答える傾向があると思います。

 

Q. I like English. に対して Me,too. という表現はOKなのでしょうか?

肯定してる文章に対してなので、Me, tooでOKです。

こちらも同じく、So do I.とネイティブの場合は使われるかと思います。

短縮バージョンを日本人は良く使いますよね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る