Articles

ネイティヴが使う単語に置き換えるだけで、ワンランク上の品のある英会話に変身

right

Really?

 

英語の授業で習った単語に「Really?」があります。もちろん普段、会話中に入れる人もいますが、私はそれでトラブルの経験があったので、それ以来この単語は口にしていません。実際に、ビジネスの会話中に「Really?」は、日本人が発するのを聞いただけで、一度もアメリカ人の口から聞いたことはありません。「本当ですか?」と言われた人は、自分が信用されていないと思ってしまうことが起こり得るのです。

私が体験して感じたのは「Really?」は信じない、疑っているというネガティブな意味の方が強いのではないかということです。会話で失敗した時、相手は不機嫌になって「なんで日本人はすぐにウソって思うのか理解できない。いつも傷つけられているよ」と言いました。勿論、そんなつもりはありませんでしたが、この単語1つの使い方を間違ったために、私自身も信用をなくしたのです。では、英語でなんと言うべきだったのでしょうか?

 

Is that right?

ネイティヴとのビジネス英語を聞いていると、あらゆる場面で出てきて、もしかしたらこれかも!と思い、それからずっと確認してきた結果「Really?」の替わりに「Is that right?」が適切だと分かりました。これは便利な英語のフレーズで、ビジネスでも通常の会話でも使えます。日本人が思っている「Really?」を使う場面で、この文章に置き換えると「そうなのですか?」や「大丈夫ですか?」になります。また「Right」には他にも幾つか便利な用法があり、疑問文の最後に「Right?」を付けると「ですよね?」の意味となります。これは、自分が言ったことが正しいかどうかの確認に使います。

 

You’re right.

とにかく「Right」という単語は出番の多い単語で、あいづちにも使います。日本人は「はい」や「そうですね」という場合に「yes」や「yeah」を多用しますが、「yes」ばかりでは話を聞いていないみたいですし、「yeah」はビジネスでは使えません。目上の人との会話で、かしこまって答えるならば「Certainly」を使いますが、友達、あるいは目上の人でも親しければ「Right」、「You’re right」や「Correct」などが使われています。

 

ちなみに、私はビジネスでアメリカの企業のトップの方を、日本企業とのミーティングやビジネスセミナーにお連れする機会が度々ありますが、お連れする日本企業側では、実際に仕事で英語を使う海外事業部などの方以外に、社内で英語が得意という方が同席されるケースが多いです。

しかし、こういう方達はビジネス英語というものを習う機会が少ないため、偉い方への受け答えが「タメ口」の英語を話す人が多く、中でも「yeah, yeah」と言う方が多く、聞いていて、いつも冷や汗をかいています。もちろんこの意味は「はい」ではなく「うん、うん」です。あなたはご自身の会社の社長に「うん、うん」と言いませんよね。

 

would, could

その他に、大人の英語を話すためには使うべきではないと感じている単語に「want」があります。これは自分の欲しいものや、したいことに使うと学校で習いました。丁寧語で言うと「I’d (would) like to したいこと」や「Could (Can) I have 欲しいもの」ですが、実際には、基本的に後者の言い方しか出番はありません。具体的には、お店で何か注文する場合「I want this one」と言うと、まるで家で子供がお母さんに「ちょうだい」と言っているのと同じ子供の英語レベルです。それどころか、子供ですらお店では「Can I have this one?」と言っています。

レストランなどで注文する場合も「I want」ではなく、「I’d (would) like to have」または「I’ll (will) have」か「I’m gonna (am going to) have」を使いますが、「I’ll (will) have」を使う場合は、メニューを見てその場で決めた場合に使います。もしも、あなたがメニューを見る以前から「今日は、これを食べるつもりだった」と決めていたとしたら、「I’m gonna (am going to) have」を使うという違いがあります。

 

品のある英語

「Really?」や「want」は日本人には見慣れた、または聞き慣れた単語ですが、実際にはビジネスシーンや大人の会話に使われないので、普段から友達との会話でも「Is that right?」、「Right」や「I’d like to」を使っている方が無難です。その方が、あなたの英語は品が良いですし、ワンランク上の大人の英語として、好感を持たれるに違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る