Articles

真の国際人へのパスポート!国連英検とは?

catch-image-0928-05

「国連英検」

英語に少しでも興味のある方なら「国連英検」というものを聞いたことがあるかもしれません。

少しここでは、この国連英検に関して一緒に考えてみます。

まず、これは「国際連合公用語英語検定試験」の略称となっています。

その歴史は意外にも深く、1981年から始まっています。

試験は毎年2回行われ、「特A級」「A級」「B級」「C級」「D級」「E級」と全部で6つの級が用意されています。

(特に受験資格はありません)

ではこれ、何が一般的な英検とかTOEICと異なるのでしょうか??

そのテーマとはずばり・・・

英検とかTOEICと大きく異なるのは、その試験の「出題トピックが国連に関する点」であるということです。

つまり例を挙げるとすれば世界平和・世界政治・人権問題・地球環境などです。

こうした地球上で問われている問題に関して理解を示し、自分の考えとか解決策をできるだけ論理的に英語で表現する必要があるのです。

ですからこうしたことに興味がある人はぜひともチャレンジしてみると良いかもしれません。

ちなみに試験というのは「リスニング」・「ライティング」・「リーディング」から成っており、特A級とA級には二次試験も用意されています。

何のために受験するの?

まず最初に押さえておきたいのは、この国連英検というものは「日本でしか」開催されていません。

では、何のために受験するのでしょうか。

一つのモチベーションとなるのは国際的な環境で働いたり、勉強する中で「共通の話題」を見つけるということです。

良い仕事をしたり、学校生活を楽しむにはやはりそこにいる外国人とうまくコミュニケーションを取っていかなくてはいけません。

そんな時に「何を話したらいいのだろう」と思うことはありませんか?

つまり国連英検で勉強できるような世界で起きていることをしっかりと理解できていれば、自分の見識が広がるだけではなく、会話の糸口となるのです。

ぜひこうしたことに興味を持った人は、まず国連英検というものに関して色々調べてみるのはいかがでしょうか?

ネット上では、実際の受験者の感想や意見をチェックすることができるので、きっと皆さんの参考になるのです。

特により多く見られる意見というのは、受験をすることによって、あらためて国連を通して日本人が行ってきたこと、そして今後期待される国際貢献というものを考えることもできるのです。そのような意味では受験する価値が確かにあります。

さらに、将来的に国際的なボランティア活動をしたい、国連機関で働きたいという憧れを持っている人にもその夢を実現する最初のステップとなるかもしれないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る