Articles

緊張しなくてもいい!入国審査で使う英語

images1004-03

入国審査のための英語

海外旅行に行って最初に経験するのが「入国審査」というものです。団体ツアーで言っても必ず英語を話さなくてはいけませんので、英語初心者には少し緊張の一瞬かもしれませんね。

中には「ポン」とスタンプを押して終わりということもあるのですが、アメリカとかイギリスなどの日本人観光客が日頃から多い所でも、意外と色んな質問をしてくるものなのです。

少しここでは、その入国審査をうまく切り抜けるためのコツというものを一緒に考えていきましょう。

入国審査で行われる定番の質問とは??

まず入国の際には入国カード、つまりimmigration cardへの記入が必要になってきます。

これは機内で普通は配られますが、もらい損ねたときには、入国審査の窓口で見つけて記入することにしましょう。

列に並んだら、パスポートとこのカードを手元に準備しておきましょう。

定番の質問というと以下の3つになるかもしれません。

1What’s the purpose of your visit?

(訪問の目的はなんですか?)

2How long are you going to stay?

(どれくらい滞在しますか?)

3Where are you staying in ○○?

(○○ではどこに滞在しますか?)

もちろん、この通りに係官が聞いてくれるわけではありません。

もし入国審査で係官の言うことが聞き取れない時はどうしたら良いのでしょうか。

コツはセリフの中の「キーワード」を聞き取ること!

1、訪問の目的を聞きたいときには

purpose(目的)

what(何)

why(なぜ)

student(学生)

tourist(観光客)

2、滞在期間を聞きたい場合には

how long(どれくらいの長さ)

how many days(何日)

when(いつ)

leave(出発する)

3、滞在先を聞きたい場合

where(どこ)

which hotel(どのホテル)

address(住所)

in ○○(○○に国名・都市名)

つまりセンテンス全部を聞き取ることができないとしても、聞き取れた単語から判断することができるのです!

英語学習者でも、普段あまり使わない表現がこの入国審査では使われたりします。

例えばその一つは「occupation」、職業というものです。

少し硬い言い方なので、初心者は知らなくても当たり前ですね。

入国審査の時には、job(仕事)ではなくこの語をよく使うのです。

もう一つは「part-time worker」、アルバイトという表現です。

最近日本では「フリーター」なんて表現が使われますが、これは完全に和製英語です。

日本のいわゆるアルバイトとかパートと言いたいときには、part-time workerという単語を使いましょう。

あまり英語に自信が無くても、「自信」をもって受け答えをしましょう。

係官も英語力というものをすぐに見抜いて、簡単な質問をしてくれたりしますので、恥ずかしがったりおどおどしたりする必要というのは一切ないのです。

ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る