Articles

憧れ!英検1級合格への道のり・・・英語学習者の大きな「目標」

catch-image-2-06

独学で合格する

英検1級というのは、英語学習者にとって一つの大きな「目標」であったり、「憧れ」です。

それに独学で合格するというのは本当に可能なのでしょうか?

もちろん可能です!

単語をマスターする

英検1級に合格するには、約10,00015,000個の英単語を覚える必要があると言われています。

これだけ単語数が多いと、時間をかけてもその全てを覚えるのは決して簡単なことではありません。

いくら語源とか語幹を勉強したとしても、なかなか覚えられない単語が沢山あるのです。

こんな時には覚えられない単語というものをランダムにピックアップし、4コマ漫画を作ってみましょう!

これはどういうことでしょうか。

まずは単語を3つか4つ選びます。

(選んだ単語は絶対に全部使ってください)

そしてセリフとか、タイトル、吹き出しなどを色々試行錯誤していると、そうした単語を自然と覚えることができるのです。

もちろんこの時にセリフだけでもいいのですが、イラストを付けるともっと効果的です(イラストは下手でも構いません)

こうした4コマ漫画というのは、作成するのに最初は時間がかかると思います。

しかし記憶の定着率という面では結構高いものですから、普段の勉強に飽きてしまった時、気分転換として遊んでみましょう。

【例】

A: How come you always come up with such subversive ideas?

B: Subversive? Hey, that’s tart.

  Are you always like that to all and sundry?

A: ・・・

B: Hey! Say something. If you are being so taciturn, I can’t understand you!

ここではsubversivetartsundrytaciturnという単語を選んでいます。

内容は全然面白くありません。

しかし、それでも状況というものを頭に浮かべて感情移入してみると、より単語を覚えられるのです。

時には一人二役でセリフを読んでみるということも必要でしょう。

もう一つの難題、「英作文」

英作文を苦手としている人も多いことでしょう。

意外にも、これは英語力というよりは日本語で考える力が必要になります。

特に自分の意見を書くことが多いので、それを筋道立てて推論できないと、英語も結局意味の分からないものになってしまうのです。

ですから色んなことに関して、すぐに自分の意見を最低でも3つの理由と共に述べる練習をしていましょう。

教材はニュースなどで良いでしょう。

気軽に何か気になる話題があったらすぐそれを考えてみることが必要です。

それに慣れたら、英語でも試してみましょう。

最初から英作文をするんだ!と気合を入れない方がうまく行くのです。

ぜひ参考にしてみてください。

もちろん英検1級合格には他のことも関係してきます。

しかしこの単語力と英作文というものに躓く人が非常に多いので、ぜひこの内容を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る