Articles

挫折しない簡単な英語の学び方

eye-catch-01

テスト用の受験英語

今や小学校高学年から義務教育として英語を学ぶ私たち。それでも、英語の実践力が身につかないのは、なぜなのでしょうか。その理由は、実に単純でした。

「私たちは学校で実践力を重視した教育をされていない」からなのです。私たちが、小・中・高で、学んできた英語は、あくまで「テスト用の受験英語」であり、現実で使える、「スピーキング・イングリッシュ」ではありません。

 

 

ゴールを見極めて

自分の最終目標が、「受験対策」なのか「英会話」なのか、ゴールを見極めて学習しないがゆえに、「挫折」をしてしまうのです。

残念ながら、両方を一度に身につけるには、並大抵の努力では足りません。

まずは、目標をどちらかに絞って、勉強を始めてみましょう。では、それぞれ、どのように勉強をすればよいのでしょうか。

 

英語をひたすら読んで

受験対策用の英語学習で、一番大切なものは、「単語力」。

しかし、最初から単語帳使った勉強法は、あまりおススメできません。

単語を単体で覚えるには限界があるからです。

長文をひたすら読んでいき、そこでわからなかった単語を覚えていく方が、単語を記憶しやすく、さらにリーディング対策にもなるので、よほど効率が良いのです。

 

 

考えることが大切

また、よく「答えは見ちゃいけない」といわれますが、わからない単語や理解できない長文が出てくるたびに、すぐに答えを確認してから、どうしてその答えになるのかを考えた方がよほど身につきます。

しかし、勘違いしてはいけないのが、手を抜くために答えを見るのではないということ。「なぜこの答にたどり着くのか」ということを考えるプロセスが大切なのです。

 

英単語はそんなに必要ない

一方「スピーキング・イングリッシュ」を身につけるには、上記で紹介した勉強法では、全く役に立ちません。

こちらは、単語や文法よりも、相手への伝わりやすさを重視しなければならないのです。

日常会話程度の実用英語なら、難しい単語を覚える必要は全くありません。

子供が見るアニメ程度の英会話力が身につけば、ゴール達成なのです。

 

英語を聞く

その為には、今まで習った文法を一度忘れてなくてはいけません。

0の状態から、耳のみを使って学習していくのです。

実際、ネイティブスピーカーは、100%正確な文法を使っていませんし、それほど多くの単語を日々使っているわけでもありません。

私たちも、日々の生活で、本当に正しい日本語を使っているわけではありませんよね。

常に四字熟語を駆使した会話をしている人などいないはずです。

 

そして英語を真似る

それと、同じように英会話も本来は、意気込んで学ぶものではないはずなのです。

ただひたすら「耳から英語を取り入れ、独りごとのように復唱する」、これこそが、英会話を学ぶ上での極意であり、一番簡単な方法です。

そして、ここで大切になるのが、「何を聞くか」。全く意味の解らないものをただひたすら聞いていたとしても、英語を話せるようにはなりません。

 

おすすめ教材

日本語の歌詞カードがセットになっている英語の曲や、日本語字幕で見ることができるアメリカのドラマなどは、とても身近でお手軽な教材になるでしょう。

音楽というのは、その時代の最先端を表しており、ドラマは、流行を踏まえた作りとなっていますので、最新の英会話を聞くことができます。

また、特にドラマには、ストーリー性がありますので、シリーズを通して、観ていくと、同じ単語や意味が似ているものが幾度も作中に出てきます。

それを繰り返し聞くことにより、初めて聞いたときに分からなかった単語でも、1シーズン観終わった時には、耳なじみの分かる単語へと変身しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る