Articles

お子さんをお持ちの方へ。英語教育は今が最適かもしれません。

person-915717_640

私たちの脳は、思っている以上に繊細な働きをすることは、さまざまな研究で明らかになっているのですが、中での乳幼児期(0~1歳)から幼児期(1~6歳程度)にかけて特別な動きで「言葉」を覚えるとされています。

一番大切なのは「耳から入る音」

まだ、言葉を言葉と認識できていない「幼児」は、母親や父親、周囲が自分に向けて発する「音」をとらえ、その音の使われる頻度や使っているひとの表情を見て、言葉の持つ「意味」を理解していくのだといわれています。

私たちが日本語という母国語を吸収していったプロセスを考えると、「言葉」を理解する工程を容易に理解できるでしょう。文字から学びましたか?

いいえ、父や母の「お父さんだよー」や「お母さんだよー」といった「音」を年単位で耳から吸収しながら、その意味を学習していったはずなのです。耳から吸収すればするほど、語学力は上がり、その音がやがて文へとつながり、母国語を話せるようになります。

語学学習で一番大切なのは「耳から入る音」だということは、今の説明でお分かり頂けたでしょう。

 

ネイティブな環境を作ってあげること

では、「耳から入る音」についてもう少し詳しくお話させていただきます。幼児が触れる「音」は、どんなものでも良いというわけではありません。ピュアのものでなくてはいけないのです。ピュアとは、ネイティブだということ。初めて聞く音が、発音の悪いチグハグなものだったらどうでしょう。はたしてそれを正しく判断して吸収できるでしょうか。

思い出してみてください、自分が学校で英語を勉強していた時のことを。あなたの先生はきちんとLとRの発音を分けられていましたか?分けられていたのなら、あなたは先生に恵まれていたのでしょう。しかし残念ながら、多くの先生の発音は、到底ネイティブレベルには達していないのが今の日本の現状なのです。

 

英語学習の最短ルート

最も「音」を吸収することができる、幼児期に発音がしっかりしていない言葉をずっと聞かされていたらその子は、英語を理解できなくなるだけではなく、もしかしたら英語が嫌いになってしまうかもしれません。そんなことは、何があっても避けなくてはいけないのです。できるだけピュアな音を聞かせて、ネイティブな環境を作ってあげること、これが英語学習の最短ルートにつながります。

子供は、言葉の天才です。なんせ、耳で聞いただけで覚えるのですから。この時期を逃してしまえば、ひとつの語学を習得するのに相当苦労することは、間違いありません。耳からたくさん英語を聞けるように、英語のアニメや童謡をいっぱいお子様に聞かせてください。幼児期がバイリンガル脳を創り上げる最適な時期なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る