Articles

キャビンアテンダント、実は通じない彼女たちの英語

speak-clearly

英語を最も使う達人?

空港で英語、中国語、韓国語などのアナウンスを耳にすると、既に日本を離れたような気分になるのではないでしょうか?何よりも国際空港の職員や飛行機の国際線のキャビンアテンダントと言えば、英語を最も使う達人というイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、空港の英語のアナウンスがネイティブの人には分かりにくいという事実を知ったら驚かれるでしょう。空港のアナウンスは大変重要な事を言っています。フライトの遅れであれば、便名、行き先、その理由とおよその待ち時間等。

これらの大切な情報が聞き取れないとしたら、その飛行機の搭乗者は非常に困るはずです。残念ながらアナウンスの英語の発音は、まるでカタカナの様な英語なのでネイティブには理解しにくく、怪訝な顔をしてそのフライトを待っている海外の旅行者に「何と言ったか分かりましたか?」と尋ねて説明することもあります。

しかし、たとえ第一関門をクリアしても、機内でも同じ問題が待ち受けています。パイロットのアナウンスもキャビンアテンダントの英語の発音も同様で分かりにくいです。隣に座った海外の人に「何と言ったか分かりましたか?」と同じ質問をして「今の英語だったの?気づかなかったわ」と言われたこともあります。

 

ゆっくりでも良い

救いなのは複数の航空会社がグループ提携しているので、外資系エアラインのキャビンアテンダントが一緒に乗っていて、専ら彼女たちが海外の乗客に対する英語担当スタッフを担っています。そういう人が居てくれれば良いのですが、そうでない場合も多くて共通する問題点として、彼(彼女)たちの間違いは英語の原稿を早く読むことが「流暢な英語」と誤解していることです。英語は早口言葉ではなくコミュニケーションツールですから相手にしっかり伝えることが最も重要で、ゆっくりでも良いので、きちんとした発音で話すべきですし、その方が誠意を感じます。

かつてこの様な逸話がありました。ANAが国際線に参入したばかりで国際線パイロット達が、まだ英語が話せなかったため、JALの国際線パイロット達が管制官との間に入って通訳していたそうですが、そもそも別会社ですから常に一緒のタイミングで着陸する訳もなく、時には自力でアメリカの空港管制塔と英語でやりとりをしなくてはなりませんでした。

ところが管制官の指示している英語が分からないため、他のエアラインとの順番も関係なく、とにかく着陸しようと降りてくるということで悪名高く、管制官が周りのエアラインにANAが着陸する場合は注意を呼びかけていたそうです。さすがに現在はそこまで酷いものではありませんが、英語は劇的な進歩を遂げていないのが実情です。

さて、順調にあなたのフライトは現地に到着しました。日本から一緒の旅行社の添乗員が付いていてくれるから全て任せて安心のはずですが、実は彼らも添乗という仕事についてはプロですが、英語についてはプロではありません。実際にこの様な出来事がありました。

数年前のことですが、まだ当時はカーナビシステムがバスに付いていなかったため、目的地が見付けられずに添乗員が途中のスーパーマーケットで市内の地図を調達に行きました。彼が店員に尋ねたのは「Where is a map?」ですが、何故か店員が連れて行ったのは掃除用品売場で、掃除用のモップを手渡してくれたのです。

残念ながら店員には「Where is a mop?」と聞こえたためです。簡単な文章が通じなかったことで恥ずかしくて赤くなりながらもボディーランゲージを交えて「map」を伝える手法に変更したのは言うまでもありません。

“a”の発言

英語を学び始めて初期の段階で習う英単語の「map」ですが、「a」の発音は難しいですから気をつけないといけません。同様の事故は「iPad」と「iPod」でも起こります。つい英語の勉強というとインプット(英単語や英文法の勉強)をメインにして机の上で完結してしまいがちですが、実践のアウトプット(発音や会話)が重要です。通じる英語を使えることで自信を持つことができますし、英語がますます楽しくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る