未分類

秋の夜長にお菓子の英語⚪︎

日本全国、だんだんと寒くなってきた最近ですが、皆さんは夜な夜な英語の勉強に勤しんでいますか?私自身は、オンライン英会話を通して、なんとか英語で話す時間を作っています。そんな夜の勉強のお供にマフィンやらスコーンを焼いたりするのですが、ここでは、自宅で簡単にトライできるレシピを英語でご紹介したいと思います。

今日は板チョコを使ったスコーンについて英語で紹介したいと思います。

皆さん、スコーンはご存知ですか。英語でSconeと書きます。元はイギリスからやってきた、丸型の小さな硬いパンのことを言います。アメリカでは、三角などいろいろな形があって、もっと気軽にいただけるお菓子のことを言うようです。私がオーストラリアで勤めていたペイストリー(Pastry:焼き菓子屋)では、四角い形の、少しパンに近い柔らかな生地の少し大きなビスケットを指していました。国だけではなく、日本中でもお店によってルールが変わってきます。今回、ご紹介するのは、生地が硬すぎず、柔らかすぎずのたぶん日本人には丁度いいものになるかと思います。

Makes 6 scones,

A100g of whole wheat flour

  25g of almond flour

  15g of brown sugar

  1 1/3 tsp of baking powder

  A pinch of salt

And a half bar of chocolate, chopped

B 30g of canola oil or any other vegetable oil such as macadamia oil.

  40g of soy milk

  5g of lemon juice

And a half bar of chocolate, chopped well

preheat oven to 200 degrees.

  

This is really simple recipe for scones. You just prepare for A and B bowls. After you mixed well each bowls up separately, you finally can mix them up together in the same bowl. Just mixing roughly with rubber spatula… Be in a hurry is what the most important thing when you make scones. Don’t touch them too much!

Turn dough out onto a chopping board, knead lightly and shape into a round. And just cut them in 4 or 6 or 8 whatever you like!

Put the soy milk on the surface of scones make them much prettier :-)

Pop them into the hot oven for 15 mins and ta-da! You have got some simple yummy scones on your English time!

いかがでしたでしょうか。バターや卵を使っていないので、とても簡単にできてしまいます。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとものの10分でオーブンに入れてしまうことができるので、英語の勉強で煮詰まった時、突然小腹が空いた時などに手軽に作ることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る