未分類

留学先の選択で失敗しない方法は、在学中の留学生数にある

留学先の選択で失敗しない方法は、在学中の留学生数にある

 

留学に行くと決めたからには、最大限海外での経験を吸収するために、最適な「留学先」を決める必要があります。何をもって「最適」なのかという議論はさまざまだと思いますが、ここでは、留学を行う最終目的である、英語力を伸ばすことに限定してお話します。

 

私たちが留学する最も大きな理由、それは、英語を話せるようになること。しかし、現実的にみると、残念ながら留学した全てのひとが、流暢な英語を身につけて帰国できるわけではありません。高いお金と膨大な時間をかけて、やっと留学を果たしてみたものの、英語を話せないなんてことになったら、落ち込みますよね。なぜ、話せるようにならないのか、その原因は、留学中英語をはなさなかったからなのです。

 

留学先に同じ国から来ていた「仲間」がいたとしたら、そのグループで一緒に居たくなるのが日本人の性であり、日本人どうしで集まってしまえば、英語を話す環境を作れません。その状態を避けるには、より日本人が少ないエリアに行くしかないのです。日本人がそばに居なければ、必然として外国人の友人を多く作り、その友人たちが、日々の英会話の先生になってくれます。

 

私が留学した先の学校は同学年の日本人は0、学校全体では6人しかおらず、お互い授業が被ることもなかったので、必然的に英語を覚えていきました。こういったリサーチは、とても大切なことであり、ホームページや学校に問い合わせをすれば、簡単に知ることができます。実際私の両親も、留学生が少ないことで、私の留学先を決めたといっていました。

 

確かに、留学生が多い学校の方が、大都市にあり、魅力的なところも多いでしょう。しかし、英語力を伸ばしたいのなら、どうしても英語を話す環境に身を置かなければならないのです。私たちは、自分にあまく、人生において簡単な道を選びがちな習性があります。英語を話さなくても友人ができるのなら、わざわざ努力して難しい英語を覚えようとはしないでしょう。

 

また、留学生数が少ない学校というのは、財政的にも恵まれていることが多く、在校生にさまざまな学習環境を創ってくれるということも、多くに人は知りません。留学生を多く受け入れている学校全てがそうだとは言い切れないのですが、留学生の学費が学校の大きな財源となっている事象が少なからずあるように思えます。通常、留学生の学費は、自国の生徒より高く設定されています。多くの留学生を受け入れている学校は、もしかしたら、自国の生徒数が減少しているので財源確保のために多くの他国生を受け入れているのかもしれません。

 

有意義な留学生活を送れるように、こういう背景を踏まえ、留学先を選んでみてください。その先には、きっと有意義な留学生活があなたを待っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る